小ロットのDVD制作はDVD-Rコピーが安い!

DVD制作をする場合、その複製方法には「コピー」と「プレス」という大きく2種類の方法があるようです。
どちらも複製(コピー)する方法には変わりはないですが、コストの面から考えてどちらの方法を採用するか考えることになります。
もし何百枚、何千枚もDVD制作をするのであれば「プレス」の方が1枚当たりのコストは安くなりますが、10枚単位などの小ロットのDVD制作の場合には「コピー」の方が安くできます。
ただ、コピーの場合にはDVD-RやCD-Rなどのディスクにデータを焼き付けるため、ディスクのメーカーによっては互換性が100%ではないのが少々デメリットかもしれません。
デメリットとされる互換性に関してもそれほど過敏になる必要はない程度で、納期もプレスよりもかなり早いので小ロットならコピーが断然おすすめです。
最近はDVD制作業者もいろいろなサービスが細かく選べるようになっているので、小ロットでのDVD制作を考えている場合はコピーを検討してみると良いと思います。
お手軽なDVD制作でも今は本格的に作れてしまうので、オリジナルのDVD制作は楽しいですよね。
気になる方はぜひ自分のただ撮っただけのDVDでもひとつの作品に作り上げてみては?