DVD制作の夢を実現させたい!

片付けが苦手な人がいますが、私の場合は該当しないと思います。
目に付くものは「ごみの日」を意識しながら、きちんと片付けるからです。
一方、押入れの奥深く眠ったままのものも少なくありません。
その大きな理由は「もったいないから」「捨てた直後に必要になることもあるから」です。
実際、そういった苦い経験を何度かしています。
また、自分が出演したイベントの記録は、些細なものでも残しておきたいですよね。
さいわい、カセットテープに収録したオリジナル曲は、折に触れてCDにまとめました。
あとは、ビデオテープからDVD制作することが大きな課題です。
CD制作は友人のスタジオでお世話になれましたが、その人がいなくなったため、DVD制作会社を探す必要があります。
ただ、DVDをつくっても再生できる機器を持っていないため、宝の持ち腐れになるかもしれません。
しかし、ビデオテープが劣化してからでは遅いのです。
そのため、臨時収入があったときは、DVD制作に踏み切ろうかと検討しています。
なお、DVD制作時には編集する方法もありますが、そのままでダビングしたほうがよいかもしれませんね。
ビデオテープに入っている映像すべてが大事な思い出だからです。
そう考えるのは「もったいない精神」の影響でしょうか。